2017,01,17, Tuesday | comments (0)
12月末のTBSテレビ「あらびき団」に

トマト博士として出演しました。

子供たちにトマトのヘルシードリンク、

トマトダンスのパフォーマンスをしました。


2016,08,20, Saturday | comments (0)
東京FM「木村拓哉のワッツアップSMAP」を
リアルタイムで聴いた。

「やはり本当なのか?」

「もっと詳しく知りたい」

「真実は?」


とラジオの前で突っ込んだ。

テレビ朝日「SMAPがんばります」トマト生活で

木村拓哉さんと夢の共演をさせていただき、それ以来、

人生の師匠に・・・・・・・



2010年全国ドームツアー観戦制覇し、ラジオでも私の

ことを何度も話してくれ、ますますソウルメイトに。

唐沢明、木村拓哉病に。






何よりも、SMAPのファンは日本一、世界一。
その現場を拝見し、感動せずにはいられない。

2016年1月は、報道に毎晩泣いていた気がする。

今回8月14日の報道を受け、受け止められない自分が
いるが、なんとか前向きに心のギアを変えようとしている
自分もいる。

ナイナイ岡村さんのコメント同様に、
「これで伝説になった」
解散ではなく、卒業、伝説になったのだ。

さなぎから蝶になると思えば・・・・。

いずれにしろ、私は、木村拓哉さんから直接いただいた
「赤メダル」(トマトスティック)を人生の宝物にし、
また仕事での共演、再会を目標に日々精進する
だけです。

世界一のSMAPファンのコメント、声、反応を見ると、
涙が止まりません。

12月31日までに、私だからできることを今模索しています。

「不可能は必ず可能に変わるから」

先日、明治神宮に参拝し、お祈りしました。

みなさんのご意見をお待ちしています。

レッツアクション!

トマト博士・唐沢明







2016,03,01, Tuesday | comments (0)
2月27日、28日、大阪駅前うめきた広場での

【高知家プロモーション★トマトサミット】無事、終了しました。


初日、トマト博士★唐沢明、トークイベント、

2日目、歌手★森川美穂先生との対談&クイズ

盛り上がりましたね。






トマト好きな森川美穂先生、トマト検定全問正解で「リコピンポン!」





寒い中、参加された皆さん、ありがとうございました。





高知は、フルーツトマト発祥の地、
美味、濃厚、甘いし、リコピン豊富で、【横綱トマト】ですよ。




今年になって、ほぼ毎日高知のフルーツトマトを食べています。



3月16日発売の健康雑誌「壮快」でも私の取材記事と、高知トマトを
紹介しています!

ぜひ、健康・美肌になる!濃厚TOMATOをお試しあれ!


2016,02,20, Saturday | comments (0)
トマトイベントのお知らせです。

2月27日(土)28日(日)

大阪トマトサミットを開催します。


高知のフルーツトマトを大大紹介させていただきます。


http://umekiki.jp/events/detail.php?event_id=218


グランフロンツ大阪 駅前広場にて開催!
(入場無料です)

27日13時~トマト博士・唐沢明のトマトトークライブ!

28日13時~歌手・森川美穂さんと唐沢明のトマト愛LIVE!

高知フルーツトマト×大阪×森川美穂さん×唐沢明


のリコピンPASSIONのミラクル化学反応にご期待ください。







2016,01,14, Thursday | comments (0)


2016年1月11日、SMAPメンバー、そして憧れの木村拓哉さんとついに念願の「再会」を果たした。

NHKホール生放送「のど自慢」グランドチャンピオン大会の収録があり、運よく友人から観覧に誘われた。



午後7時半、緊張の収録が開始。SMAP5人のオーラに、身体中に電気が走る。



出場者、司会者、ゲスト、審査員、会場の方に1秒1秒、1瞬1瞬、つねに「全力姿勢」。



ちょうど6年前のこの日は、テレビ朝日、SMAP「がんばります」トマト生活の
スタジオ生放送OA日で、私は六本木のスタジオに招かれた。
共演者の私に満面の笑顔で、両手を振ってくださり、アイタクトも何度も何度も。


それ以来、すっかりファンになり、SMAP病になり、全国のコンサートを毎年
観戦するようになった。








優しさ、気遣い、ハートの素晴らしさは、下から目線の思いやりは、
いつでも、どこでも、だれにでも・・・・素晴らしい。

NHKホールは、いよいよSMAPの名曲披露に!私が一番好きな
「世界に一つだけの花」



中居君が、「花屋の店先に並んだ・・・・」とスタートして5秒、私は号泣してしまった。

最後のサビ。のど自慢ということもあり、SMAPライブに比べて、やや年齢層が高かった会場・・・・。
周りのおばあちゃん、おじいちゃんも
一緒に手をかざし、踊る光景にまた感動の涙が・・・・。


そして、エンディング。収録後だったのに、SMAPメンバーが長時間ステージに居残り、
会場のみなさんに笑顔で手を振り続けていたのが印象的。

「いつもこんなに、長いのかな?SMAPライブのアンコールみたい」(ありがたい)

その時は、27時間後に訪れる不穏な空気は、まったく感じなかったが。。。。



・・・・今回のSMAP解散の報道は、もちろん信じられないが、ファンは、今のままSTAY
なることを信じています。

木村拓哉さんと共演以来、私にとって家族のような大切な
存在。BEST★FRIENDでもある。



ソウルメイト、師匠、最愛、メンター、憧れの人。
なんといってよいかわからない神の人。人生そのもの。




SMAPは、日本が誇れる「世界遺産」グループ。


SMAPは、国民栄誉賞クラスの唯一無二の不滅の存在。





木村拓哉さんとの出会いで、莫大な生きるエネルギーをもらった。

今度は、私や私たちファンが、恩返しする番だと思っている。


何かできることを全力でしたいと思う。できないことも・・・・。行動に移すことが大切。



「世界に一つだけの花」のCD購買運動が始まっているとか。さすが、SMAPファン。



そういえば、第60回紅白歌合戦、リハーサルで、木村拓哉さんは、ステージの予想外の
大ピンチ、難局を自ら名乗り出て、全力でサポートし、見事クリアーしたというエピソードがある。



~その2時間後の12月30日19時に、私とトマト部屋で共演したが、そんなそぶりや大変さは、一切
見せなかった。私のコーナーもお疲れの中、木村拓哉さんの全力姿勢は変わらず。
~そんな真摯で紳士な芸能人は他にいないだろう。


今回も、木村拓哉さん含め、SMAPメンバーの絆でカバーしてくれると信じている。



木村拓哉さん、今年、また番組共演しましょう、NHKホールでぜひ・・・・・。

2015,08,06, Thursday | comments (0)
ついに8月4日、全国のコンビニエンスストアにて、待望の本

唐沢明著「夜トマト健康法」(アントレックス)発売しました!


トマト魂とトマト愛が、果汁180%詰まった渾身の1冊です。




愛のキューピットは、5年前にトマト魂Tシャツを差し上げた木村拓哉さん?

まさに妄想力&キセキのセレンディピティですね。


・・・・先日のJR蒲田駅のトマトイベントでもパッションTOMATO☆PR!








また、この本がきっかけでまた番組共演できればHAPPYです。




「引き寄せの法則」で、さかなクンを目指せ!さかなクンを超えろ!





2015,01,20, Tuesday | comments (0)



2015年1回目のTV番組出演は、フジテレビの「バイキング」!

1月20日、EXILEのTAKAHIROさん司会の火曜日に

「唐沢明、冬のおすすめトマトメニューBEST3」で出演させて

いただきました。



番組開始のオープニングから、真っ赤なトマトTIME!

で、

トマト餃子、トマトすき焼き、トマトラーメン・・・・・をご紹介!



スタジオでは、唐沢イチオシの「納豆トマトごはん」「トマトミルク」

をご紹介しました。

CM中も試食していただいて、TAKAHIROさんご満悦、とのこと♪


また、TAKAHIROさんは、なぜか私のRED衣装や新レシピなどに

興味を持っていただき「記念になる初共演」で、嬉しかったです。


笑顔の素敵なイケメンで、優しさもあり、ハートも2枚目でしたね!



・・・・・・・また、共演できることを期待しつつ・・・・・♪






2015,01,19, Monday | comments (0)
冬こそ、トマトヘルシーメニューを!



肌年齢18歳を長年キープしているトマト博士★唐沢明の

冬のおすすめトマトレシピを初公開!大公開!



身長178センチ、スリムで健康体を維持してるのは、

秘密があった!

テレビ番組を視聴していただき、ありがとうございました。

冬こそ、トマトですね!






そこで、毎年恒例のトマトで元気になるセミナーを渋谷で開講します。

★2月10日(火)18時から20時まで・・・・唐沢明のヘルシートマト健康講座

★2月11日(水)16時から18時まで・・・・唐沢明のダイエット・美肌講座


先着15名になりますので、お申込みはお早めに。

~試食タイム、トマトプレゼントつきです~

トマト赤デミーHPのトップ・お問い合わせフォームから、メールをお願いします。

詳細を追ってご案内します。

それでは・・・・・。







CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa